美しい文字

  • 2010.11.07 Sunday
  • 00:14
昨夜、前の職場の同僚と
文字が美しい人は、人格2割増し説で、盛り上がりました。
つまりは、美しい文字に憧れる、そういうことなんです。



この作品は、
9月の自由学園の展示でご一緒させて頂いた書道家、華尚さんの書。
お母様の作った押し花に囲まれた「香」という一文字。
ひらひらと舞い落ちる花びらが、春の香りを届けてくれそうな
情景と香りが伝わる一枚です。

先日、その華尚さんと銀座で再会しました。
書道家って、一体どんな活動しているの?
自宅や、銀座の教室、家庭教師や通信教育で教えるほか、
箸袋や、命名書、雑誌の特集とか、いろいろあるんですね。

習いに来る人は、誰かに贈り物をしたい、お礼の手紙を書きたいとか、
すぐに職場で活用したい、そう、具体的な目標があるそうです。
パソコンや携帯とは違う、自分の手で、大切な人に思いを伝えたい、
これって、日常の事だけど、とっても素敵なことですよね。

文字はバランス、書の基礎があってこそ、アレンジが可能なのでしょうけれど、
デザインセンスも必要なんですって。

書道の印象は、堅苦しい伝統文化のイメージがあったけれど、
書を通じて、人と交わるバランス感覚も養われそう、そんな気がする
素敵な書道家と出会いました。

スポンサーサイト

  • 2020.07.27 Monday
  • 00:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM